福山ばら会 ▼サイト内検索
福山ばら会とは? 入会案内
ばらのまち福山ばら講習会&イベント情報福山ばら公園-ばらのふれあい福山のばら図鑑福山のばら花壇リンク集お問い合わせ

 


ばらのまち福山
※画像をクリックすると拡大されます

福山市は1945年(昭和20年)の8月8日に空襲で市街地の約8割を焼失しました。
南公園(現在のばら公園)に近隣の当時東御門町内会住民により、
荒廃した街に潤いを与え、人々の心に和らぎを取り戻そう
と、1957年(昭和32年)2月25日にばら苗70種約1000本が植えられました。

昭和30年代のばら公園

当時はばら苗の盗難も相次ぎ、
地元の住人が公園内にテントを張り見張りをしたりしました。

こうした住民の熱意は人々の心を打ち、
徳永豊市長をはじめ市政を動かすことになりました。
1968年(昭和43年)には
全国美しい町づくり賞・最優秀賞(花園町町内会)を受賞しました。


ここに善意の花ひらく」と、
ばら公園の受賞記念碑に記された言葉は各方面から多くの共感を呼びました。
その後、より一層ばらづくりが進められ、
市内各地には善意のばらが咲き誇るようになりました。
この事はまさに、
協働のまちづくりによる明るい街づくり運動の原点になると思います。
近年では、毎月ばらの栽培講習会が福山ばら会などにより無料で開催され、
回を重ねるごとに受講者が増加しています。

1985年(昭和60年)の4月に「ばら」が福山市の花に制定されました。
翌年の1986年(昭和61年)には市制施行70周年を記念して
高尾」と「プリスタイン」を高配したピンク色の福山のばら
ローズふくやま」が一般公募により命名され誕生しました。

ローズふくやま

さらに、
1987年(昭和62年)に「ビューティフルふくやま
1990年(平成2年)には
(社)福山青年会議所30周年を記念して「プリンセスふくやま
2001年(平成13年)には市制施行85周年を記念して
福山市が開発したオリジナルミニばら「スマイルふくやま
2004年(平成16年)には「チャーミーふくやま」「ラブリーふくやま
さらには2006年(平成18年)、
福山ばら会50周年を記念して「アニバーサリーふくやま」が誕生しました。

ビューティフルふくやま プリンセスふくやま
スマイルふくやま チャーミーふくやま
ラブリーふくやま アニバーサリーふくやま

ばらのまち福山には巨大なばら園はありませんが、
市内のあちこちで咲くばらを見ることができる都市は全国でも類をみません。

福山ばら公園」「緑町公園ローズヒル」「春日池公園」など
代表的な公園をはじめ、中心部の国道2号線、駅前通りなどの道路沿い、
学校、公民館などの公共施設。
町内会、老人会などが管理する地域の花壇、
そして企業や個人の花壇を含めると
市内には400〜500のばら花壇が5月から11月末ごろまで咲き誇っています。
5月の第3土・日曜日には80万人からの人が集まる「福山ばら祭」が開催され、
ばらの切花コンテストをはじめ盛りだくさんのイベントが開催されます。

10月には秋のばら展が開催されています。